そばかすの原因

そばかすの原因はメラニンが過剰に作られること

そばかすの正式名称は雀卵斑(じゃくらんはん)と言い、鼻の周りや頬に出やすく、シミとは違うものです。そばかすには子供のころにできるものと、大人になってからできるものがあり、それぞれ違う原因で起こります。子供の頃にできるそばかすの原因の多くは、両親からの遺伝によるものです。また大人になってからできるそばかすは、紫外線やストレス、食生活、女性ホルモンなどが原因です。人間には紫外線から身を守るための機能があり、その一つがメラニンです。本来、メラニンは肌の新陳代謝(ターンオーバー)により周期的に剥がれ落ちるのですが、ホルモンバランスの変化やストレスにより肌の新陳代謝が乱れると、メラニンが残ってしまいます。そして、メラニンを生成するメラノサイトという細胞が正常でなくなり、メラニンが過剰に作られ、しみやそばかすになるのです。

紫外線やホルモンバランスの乱れがメラニンを過剰にする!

メラニンが過剰に作られる原因として、まず紫外線を浴びることがあります。紫外線を浴びるとメラノサイトが刺激され、メラニンが増えます。紫外線のUV-A波が体内に入ると、皮膚細胞がダメージを受けないようにメラニン色素が増えるわけです。また、加齢やストレス、妊娠などでホルモンバランスが乱れると、黄体ホルモンがメラノサイトを刺激し、メラニンが増えることになります。さらにストレスを感じるとメラニンの生成を促すホルモンが活発になります。カフェインなどの刺激物を多く摂ると、メラノサイトが刺激されてメラニンが増えてしまいます。自分で簡単にできるそばかす予防法は、紫外線対策です。夏や晴れた日以外にも日焼け止めを塗ったり、日焼け止め効果のあるファンデーションなどを使ったりすることが大切です。